ジャガードリボン

ジャガードリボンとは

複数の色糸を使用し「織り」で細かな模様を表現する「ジャガード織」と呼ばれる
紋織物のリボンをジャガードリボンと呼びます。
リボンの裏は、表の反転模様や、色糸がミックスされた模様になっており、複数の糸が
重なり合うようにできていますので、模様に厚みが感じられるのも特徴です。
日本では、着物の帯などに同様の製法が見られます。
1804 年フランスのジャッカール氏が発明した「ジャガード織機」の登場により
複雑で手間のかかるジャガード織りの布地やリボンが、身近な素材になったと考えられます。
ジャガードリボンは、リボンの中でも高価な商品ですが、実際のリボンに触れて頂きますと
その模様の美しさ、光沢、立体感を実感して頂けるかと思います。

ジャガードリボンの主な商品と用途

  • ・ジャガードリボンは、縫付けでのご利用頂くが多く、子供服のワンピースのウエスト部分や 裾の縁取りにお使い頂きますと、とても可愛い仕上りになります。
  • ・ポーチのファスナー飾りや、シンプルな帽子のリボン飾りにもおススメです。

ジャガードリボンの取扱い

  • ・極細の色糸を使用し、模様によっては糸を長く渡している箇所もございます。
    糸の引っかけなどにご注意下さい。
  • ・摩擦は糸切れの原因になりますので、ご注意下さい。
ジャガードリボンイメージ画像1 ジャガードリボンイメージ画像2 ジャガードリボンイメージ画像3

ジャガードリボンのオススメ商品

ジャガードリボン 03
bel-1143-03
ジャガードリボン
ジャガードリボン 37
bel-0231-37
ジャガードリボン
ジャガードリボン 03
bel-1544-03
ジャガードリボン

CART

商品数:
0点
合計 :
0円

CART

ラインストーンの使い方 ラインストーンの使い方 ラインストーンの使い方 リボンの巾について ポイントのご利用方法 リボンの結び方(動画)